週末、ホテルニューオータニにおいてLEP-Aハイ・インパクト・プレゼンテーションが行われました。

 

ホテルニューオータニで実施されたLEP-Aハイ・インパクト・プレゼンテーション講座

講座ではお一人おひとりに自己紹介のプレゼンテーションを3分以内で行って頂くのですが、受講生の一人の女性が

「私は自分を愛すること」を大事にしていると自己紹介されていました。

 

自分を愛すること。

 

皆さんできていますか?

 

プレゼンテーションをするとき一番大切なことは自分自身であることです。
プレゼンにちょうどいい声の高さ、トーンなどを気にされる方もいらっしゃいますが、結局自分を飾ろうとしては自分の中にあるものは相手には伝わりません。何よりもきちんと自分らしくあることが大切です。

 

またプレゼンテーションはゴールを達成するために行う一つの手段ですが、ゴール・目的とは自分自身との約束です。自分自身を愛していない人は、自分との約束もおろそかになりがちです。

 

私たちはプレゼンテーションとは相手から合意を得てアクションを起こさせるためのコミュニケーションと定義付けています。

相手が合意してくれるのは、こちらが提供する価値が相手の課題解決に役立つと思うから。

自分の課題解決を託す相手は、やはりきちんと満たされて堂々とした人であって欲しいものです。

 

そのためには何よりもまず自分自身のことを愛せていないといけません。

 

自分を愛すること。

 

昨日は受講者の方からあらためて素晴らしい気づきを頂きました。

 

皆さんも、ご自身のことをきちんと愛せているでしょうか?

プレゼンテーションに臨む前にどうぞ一度ご確認ください。